【練馬 杉並 中野】ねりすぎな行政書士ブログ

杉並区の行政書士中村光男のブログサイトです。各種許認可、在留資格(VISA)、業継続力強化計画(BCP)、相続・家族信託などについて書き綴っています。

在留資格 技能 杉並区 | 行政書士中村光男事務所

技能ビザ:日本で働くために必要な特別なスキルを持っている人だけが取得できる資格

街で見かけるインド料理や中華料理のレストランの多くは、外国籍の調理人が働いています。彼らは「技能」という在留資格を持っている人がほとんどです。「技能」とは、日本で特別な技術や知識が必要とされる仕事に就くための在留資格です。

遺言で不動産を相続人にスムーズに承継させる方法

不動産を特定の相続人に相続させたい場合は、不動産を誰に相続させるかを記載した遺言書(相続させる遺言=特定財産承継遺言)を作成し、遺言執行者を定めていくことが有用です。しかし、それだけでなく、不動産以外の財産はどう配分するのか?、不動産を承継させようと思った第一候補の相続人が自分より先に亡くなった場合はどうするのか?などの思いがあるなら、そのことも書いておかないと、のちのち困ることもあるので注意が必要です。
AIが日本では自由に機械学習ができるので喜ぶ 杉並区 | 行政書士中村光男事務所

生成AIと著作権

日本の著作権法は、AIの機械学習による著作物の利用を、特定の条件下で広範囲にわたって許容しています。しかし、AIで生成された画像や文章については、私的利用などの著作権の権利制限がある場合を除き、「依拠性」や「類似性」があれば、著作権の権利侵害として訴えられるリスクがありますので注意が必要です。
マンション管理組合の法人化 杉並区 | 行政書士中村光男事務所

マンション管理組合の法人化のメリデメ

マンション管理組の法人化は直接的にマンションの資産価値を上げるものではありませんが、管理組合の活動が活発かつ分かりやすくなることで住民の信頼が高まり、間接的に資産価値が向上する可能性があります。

リースバックには「普通借家契約」とは?

建物の賃貸借契約には、長期にわたって住むことができる通常の賃貸契約(普通借家契約)、あらかじめ期間が決められている賃貸契約(定期借家契約)の2種類があります。この差を理解しておくことが大切です。このブログを読むと、老後に自宅のリースバックを検討する際には、普通借家契約にすべきだという理由がお分かりになるかと思います。